行政書士の資格を短い学習期間で取得する方法を徹底解説!

難関でも諦めない

書類

行政書士は弁護士や社会保険労務士と並ぶ8士業の1つで、難関資格の1つです。資格の合格率はここ数年3%〜10%で推移していますが、資格の受験者数は平成22年より減少しています。行政書士の主な業務は官公庁に提出する書類作成業務、その申請を代わりに行う許認可申請の業務、そしてクライアントから相談を受けてアドバイスを行う相談業務の3つです。現在は行政書士にも代理権が認められ、国政と行政のパイプ役を担う法律の専門家として活躍の場が広がっています。行政書士は相当な学習期間を要するほど難易度は高いと言えます。必要な学習期間は300時間から1000時間といわれています。ただし他の法律資格と比べると出題範囲は限られており、取り組みはしやすいと言えますが、日常では使用しない難解な法律を扱う為、十分な準備が必要です。勉強方法としては独学で取り組む人がいる一方で、学生とは違い社会人は多くの学習期間をとる事が出来ません。そこで通信講座や資格スクールに通い、効率よく取り組む人も多くみられます。スクールに通う、または通信講座や独学で勉強する人も、法律用語や法律に関する知識があるかどうかによって理解のスピードも異なってきます。通信講座やスクールは少なくとも学習期間に6か月間は必要とうたっている場合もありますが、人それぞれの取り組むや理解度によって異なってきます。単純に学習期間の比較では図る事が難しく、自分なりに理解しやすい、取り組みしやすい学習方法を早急に見つける事が資格取得には最も重要です。

どれくらいの期間が目安

女の人

行政書士試験に合格するには、最低でも1年以上の学習期間が必要です。難易度がとても高く、合格率がとても低い国家資格であることから、1発で合格することはとても難しいとされています。数回受験することを最初から考えておきましょう。

勉強の仕方と必要な時間

ウーマン

行政書士を目指すには資格試験に合格する必要があり、そのためにはある程度の学習を行わなければいけません。これに要する学習期間は人によって違いますが、勉強の仕方にも違いが出てきます。学習期間を効率的にしていきたい場合には、それに合った学習を行うことが大切です。

3段階のスケジュール

男性

三つの学習期間に区切って、行政書士試験に取り組むのが効果的です。それは試験科目が多いのと、60%以上の正解率が求められるからです。第一期には主に頭に知識を叩き込む時期です。第二期は理解の精度を高めるためアウトプットの練習をします。第三期は、自分の理解度をチェックする時期となります。