行政書士の資格を短い学習期間で取得する方法を徹底解説!

3段階のスケジュール

男性

3つの時期に分けられます

行政書士試験に向けては、三つの学習期間に分かれます。なぜ三つに分かれるのかというと、行政書士試験は試験科目が多いためです。法令と一般知識等のいずれかが得意であっても、全体で60%以上正解することも必要なため、まずひととおり学習することが求められるからです。これが第一期の詰め込みを主な目的とした学習期間です。ひととおり行政書士試験の科目を眺めることで、出題範囲を理解し、自分がどの分野で得点を稼ぐか、考えながら学習していきます。テキストでも法令集でも構わないので、自分だけの1冊を選んで、気になるところは書き込むなどの勉強方法を行っていきます。この時期に利用するのは、購入したテキストや予備校に通っている場合はそのテキストとなります。そして第二期の学習期間が、詰め込んだ情報を、問題を解くことで確認しながら、自分自身の理解度をチェックする時期です。過去の問題や模擬試験などを利用することが大切になります。間違えた問題は、その理由を考えることで行政書士の知識が深まっていきます。最後の第三期の学習期間は、自分の弱点を補強し、覚えたことを忘れないようにする試験直前期です。この期間は、夜型の勉強スタイルをしていた人は、昼型へと変えることも必要になります。この三つの学習期間に、どれくらい時間をかけられるかは、個人によって違います。そのため一人ひとりが考えて、自分に合ったスケジュールを組むことが重要です。