行政書士の資格を短い学習期間で取得する方法を徹底解説!

勉強の仕方と必要な時間

ウーマン

独学と通信講座による違い

行政書士になるためには資格取得が必要です。その資格試験は年に1回行われており、合格率は10%前後と決して易しいわけではありません。そのため、行政書士の資格に合格するには学習次第となります。資格試験の日までにどれくらいの学習期間が必要となるのか気になるところですが、これは個人差がはっきりと出ます。初めて試験を受ける人でも、3ヵ月から半年程度の学習期間で合格する場合もあります。反対に、学習機関が長い人でも、試験に合格できない場合もありえるのです。個人差が出てしまう理由には、試験を受けてきた回数やもともとの知識にもよりますが、学習期間も関係しています。行政書士に資格試験は、非常に豊富な知識が求められます。試験に出題されやすい傾向もありますが、どの問題が出るかわからない点から見ると、幅広く学習しなければいけません。年に1回ある試験日に備えて、ある程度の学習期間を確保する必要があります。この学習期間は、学習の仕方にも違いが出てきます。自分で問題集などを用意して独学というスタイルで行っていくには、それなりの学習期間がかかることを把握しなければいけません。その理由は、自分でスケジュールなどを管理する必要もあるからです。しかし、通信講座などを利用すれば、要領のいいスケージュールで学習に取り組めます。通信講座は自宅にいながら学習できるため、独学と似たようなスタイルに見えます。けれども、試験日に備えた無理のないスケジュールで指導を行ってくれることから、ちょうどいい学習期間が目指せるようになれます。行政書士を目指す人には、社会人として働きながら学習する人も多いです。どちらかに偏りすぎず上手く両立していくためにも、学習期間を考えたスケジュール管理が必須となります。どういった学習方法が合っているのかを考えながら、試験対策に挑んでいくことが大切です。