行政書士の資格を短い学習期間で取得する方法を徹底解説!

どれくらいの期間が目安

女の人

基礎を固めることが大事

景気への不安から、国家資格に関連した職業を目指す人が増えています。行政書士もそんな職業の一つですが、合格率がものすごく低く、しっかり学習期間を確保して試験に挑まないといけないものです。そのため、一発合格はとても難しいと言われている資格です。そんな行政書士の資格を取得するには、どれほどの学習期間を確保する必要があるのでしょうか。まず、法律を学んだことのある人の場合の学習期間の目安は1年から1年半です。憲法や民法などといった法律の基礎となるものの、復習をしたうえで地方自治法などといった専門的な法を学び、そこから問題演習を行うとするとこれくらいの時間が必要になってしまいます。また、学んだことがない人であれば、1年半から2年程度が目安となります。法律を学んだことが無い場合、概論から始めて、憲法や民法といった基礎を身に着けるのに最低でも半年程度は学習期間が必要です。専門的な法をいきなり学び始めても、これらの基礎が出来ていないと理解することが出来ないので、しっかり基礎を固めて行政書士試験を受けるのに必要な専門的な法律の知識を身に付けましょう。そして試験を受けるのに必要な法律の知識が身に着いたら、問題演習をする必要があります。行政書士試験は問題数が多く、出来るだけ早く解答を導き出す力が必要とされるので、問題演習でそれに慣れなければいけません。行政書士試験の対策問題集や過去問題集は、書店で気軽に手に入れることが出来るのでこれらを活用しましょう。